デブ菌減らす 痩せ菌サプリランキング

デブ菌を減らすサプリランキング|痩せ菌ダイエット

痩せ菌を増やしてデブ菌を減らす菌活ダイエットが話題になっています。

 

ここでは痩せ菌を増やしてデブ菌を減らす、人気のサプリをランキング形式でご紹介します。

 

痩せ菌を増やしてデブ菌を減らすサプリ

 

痩せ菌を増やしてデブ菌を減らすサプリは腸内フローラ改善をサポートするため多くのモデルやタレントが愛用しています。

 

腸内フローラを整えることはダイエットをサポートするだけでなく美容や健康にも良いので注目度も高いです!

 

早速、痩せ菌デブ菌サプリのランキングをご紹介します。サプリに配合されている成分や口コミ、販売価格を比較してランキングにしました。

 

痩せ菌を増やしてデブ菌を減らすサプリ@ランキング

 

 プレミアム酵母

デブ菌を減らすサプリランキング・プレミアム酵母


・シリーズ累計1億食を突破しました
・200億個の生きたスーパー痩せ菌が摂取できます
・特殊製法により作られたスーパー痩せ菌が糖質を分解します
・デブ菌の繁殖しにくい環境をつくります
・痩せやすい体質へ導きます


⇒ プレミアム酵母 公式ページはこちら


 

 プレミアムスリムビオ

デブ菌を減らすサプリランキング・プレミアムスリムビオ


・1袋あたりの乳酸菌1兆個配合しています
・副作用の心配もなく安全に摂取できる、話題の乳酸菌「EC-12」を配合しています
・ダイエットをサポートしてくれる「ラクトフェリン」を配合しています
・脂肪の蓄積を効果的に防ぐ「ビフィズス菌B-3」を配合しています


⇒ プレミアムスリムビオ 公式ページはこちら


 

 コンブチャ生サプリ

デブ菌を減らすサプリランキング・コンブチャ生サプリメント


・1粒に100億個の乳酸菌を配合しています
・乳酸菌で作ったコンブチャはダイエットサポートに役立つ酵素や酵母が豊富に含まています
・痩せ菌を増やす22種の乳酸菌と酪酸菌を配合、痩せ菌を増やしデブ菌を減らします
・痩せ菌のエサになるオリゴ糖も配合しています


⇒ コンブチャ生サプリ 公式ページはこちら


 

腸内フローラって何?痩せ菌とデブ菌の正体とは!

 

ここからは、痩せ菌とデブ菌について詳しく説明していきます。

 

 

 

■腸内フローラって何?

 

たくさん食べても太らない人がいれば、少量しか食べなくても太ってしまう人もいます。実はこれ、腸内フローラの環境が原因だそうです。

 

腸内フローラを整えるということは、最近定着しつつある美容健康法の一つ、「痩せ菌」を増やして「デブ菌」を減らすとダイエットにつながると言われていますが、一体どういったことなのか解説していきたいと思います。

 

そもそも「腸内フローラ」とはどういう意味なのでしょうか?

 

人間の腸内には100兆個以上の細菌が住んでおり、種類は数百にも及ぶと言われています。そんな多種多様な細菌がグループを作ってまとまり、腸内の壁面に住んでいます。

 

その色の鮮やかさと形の美しさがお花畑に例えられ、フローラ(fiora:英語でお花畑)と呼ばれています。

 

腸内フローラに住んでいる細菌達のおかげで、私達人間の体は健康を維持できているのですね。裏を返せば、腸内フローラのバランスが整っていないと、健康を害してしまう可能性があるということです。

 

これはダイエットにも言えることです。腸内フローラを上手にコントロールできれば、健康的に痩せることができると考えられています。

 

また、免疫細胞が体のなかで悪い生物と戦い、病気にならないように体を守っています。この免疫細胞の約70%は腸内にいることが分かってきています。

 

このことから腸内フローラを整えることはダイエットだけでなく健康に生活していくうえで、とても重要になります。

 

 

■腸内細菌は大きく分けると3つ

 

腸内には数百種類の細菌が住んでいますが、大きく分けると「善玉菌」「悪玉菌」そして「日和見菌(ひよりみきん)」の3つになります。

 

健康な人の構成比は2:1:7となっており、どれか1つに偏ることなく、バランスを保つのが大事だと考えられています。このうちの、悪玉菌の割合が多くなると、便秘や下痢などのトラブルで健康に影響が出るということです。

 

善玉菌にはビフィズス菌や乳酸菌といった耳馴染みのある菌があり、腸内の環境を整える効果があると考えられています。

 

対して悪玉菌は腐敗型細菌(ふはいがたさいきん)とも呼ばれ、名前からもわかる通り、健康を害する可能性がある菌のことです。代表的なものは大腸菌やブドウ球菌などがあります。悪玉菌には糖尿病などの病気の原因となる細菌もいます。

 

腸内細菌のほとんどを構成する日和見菌も名前の通り、善玉菌にも悪玉菌にもつかない、どっちつかずの菌です。この菌は体が健康なときには大人しく、何も悪影響もありません。

 

ところが健康を害し始めると、悪玉菌の方に肩入れするという性質があります。つまり、「こっちのほうが優勢だ!」とみなした方側につく日和見主義な菌ということですね。

 

 

■痩せ菌とデブ菌の正体

 

腸内フローラの話題で「痩せ菌」と「デブ菌」という単語を耳にしたことがある人もいるでしょうが、これらはあくまでも俗語です。

 

「痩せ菌」の正体はバクテロイデス門と呼ばれる細菌グループです。脂肪の吸収を抑えたり、燃やしたりする働きがあります。

 

対して「デブ菌」と呼ばれるのはファーミキューティス門と呼ばれる細菌グループ。食べたものを分解し、エネルギーに変えて吸収する働きがあります。

 

「痩せ菌」も「デブ菌」も実は日和見菌で、デブ菌が優勢になると太りやすくなってしまいます。

 

⇒ デブ菌を減らすサプリ@ランキング

 

 

■痩せ菌を増やす方法

 

痩せ菌を増やすためには次のものを食べると良いと考えられています

 

@食物繊維
A発酵食品
B乳酸菌

 

@の食物繊維は、特に水溶性のものを摂ると良いでしょう。水溶性食物繊維と摂ることで、腸内細菌が発酵し、短鎖脂肪酸が作られます。この短鎖脂肪酸が脂肪細胞に働きかけ、吸収を抑える役割を果しています。

 

なお、水溶性食物繊維にはきのこ類、海藻類、ごぼう、オクラ、こんにゃく、プルーンなどがあります。

 

また、バーリーマックス大麦を毎日少しずつ食べると、約2週間ほどで痩せ菌が増えてきます。バーリーマックス大麦の食べ方ですが、「お米に混ぜて炊く」、「茹でてから野菜・スープ・味噌汁に混ぜる」など、他にもいろいろな方法があります。

 

Aの発酵食品は納豆や味噌、漬物などに多く含まれています。日本食は発酵食品の宝庫と言っても過言ではないですね。

 

Bの乳酸菌にはヨーグルトやチーズなどの乳製品に含まれています。しかし、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は胃酸に弱いため、食後に食べたほうが生きたまま腸内に届きやすくなります。

 

また韓国が誇る発酵食品、キムチにも乳酸菌が含まれています。キムチに含まれる乳酸菌は胃酸にとても強く、胃酸で死滅することはないと言われています。

 

 

■食品添加物を摂るとデブ菌が増える!?

 

ファーミキューティスが増える原因は食事にあります。油や脂肪が多い食事を摂るとデブ菌が増えると言われています。

 

また、コンビニのお弁当や菓子パンなどに多く含まれる食品添加物もデブ菌が増える原因と考えられています。腸内フローラの多様性が食品添加物によって阻害され、善玉菌と悪玉菌のバランスがおかしくなってしまう可能性があるためです。

 

コンビニ弁当以外にも、ウインナーやハムなどには亜硝酸ナトリウムが含まれ、カット野菜やパック野菜などは次亜硫酸ナトリウムを使用して洗浄されています。日常でよく手に取るものにも多く含まれているので、購入際は原材料名を確認することをおすすめします。

 

デブ菌を減らしたいなら可能な限り自炊をし、健康的な食生活を送ることが望ましいでしょう。

 

 

■腸内フローラを改善するために日常生活でできることは?

 

美容の大敵であるストレスも腸内フローラに影響を与えています。ストレスを感じると交感神経が刺激され、排便が抑制されてしまいます。すると、悪玉菌を排出することができず、体内に残ってしまうため、腸内フローラに影響を与えてしまうのです。

 

ストレスの原因を作らないこと、そして溜めないためにおすすめなのはウォーキングです。便は腸のぜんどう運動によって排出されます。継続的にウォーキングを行うことで腹筋が鍛えられば、ぜんどう運動を促進することができます。

 

他のストレス対策としては質の良い睡眠をとり、副交感神経の働きを促すことです。睡眠は脳や体の疲れを取るために必要な行為です。就寝前に湯船に浸かることでリラックスができ、しっかりと眠ることもできます。

 

日常の食生活や生活習慣を変えるだけでダイエットが期待できるのはうれしいことですね。けれども、忙しい人にとって、急に食生活を変えることは難しいはず。そういう場合は、痩せ菌を増やしてデブ菌を減らすサプリメントに頼るのが良いですね。

 

⇒ デブ菌を減らすサプリ@ランキング